ぷうこの再生日記

アラフォー・無職。病気も借金も乗り越えて、幸せな人生のために再生中!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

web拍手
| - | - | | category: - |
# 借金整理、弁護士さんと契約
ぷうこです。
 
もうひとつ、弁護士さんに聞いておきたいことがありました。
 
「家族に援助してもらってでも返済したほうがいいんでしょうか
 
ぷうこは、退職前、仕事や借金やいろんな悩みに押しつぶされそうになり、ダンナ様に借金のことを打ち明けたものの、思ったような反応やアクションが見られず、どう対処したらいいのか困ってしまったときに、これまでナイショにしていた実家の両親に、600万の借金があることと援助をお願いしなければならなくなるかもしれない、ということをついに話してしまったのでした
 
でも、その後、心配症で優しい両親は、毎日のように電話やメールで「その後どうなったのか」「ぷ
うこ一人でそんな借金を作ったわけじゃないだろう。ダンナさんのせいなのか?」と、いろいろ聞いてくるようになってしまい、逆に両親との関係もギクシャクするようになってしまいました
 
すべてぷうこの心の弱さのせいなのですけれど・・・素直にすべてを話すわけにもいかず、かといって借金そのものは頼らなければやりようのない状況で。
 
ダンナ様からは常々

「結婚したんだからもう別の家族と同じだよ。二人でなんとかしなくちゃ。実家に頼らずに」

といわれていたのでダンナ様にも、実家から借りるつもりともいえず・・・。
  
毎日苦しんでいました
 
でも、ある日、やっぱりこのままじゃ自分がおかしくなる!と前に進むことを決意したのです。
 
まず、実家には「退職金と株の分でなんとかできる見込みになった。借金は思ったより少なかったからもう大丈夫。これからは借金しないで家計の管理をちゃんとするよ」と報告。(ウソだけど
 
ダンナ様にも、「もういよいよ収入がなくなったわけだし、次の支払いもできない状態だから、弁護士さんに相談にいきたい」と告げ、やっと重い腰をあげて、借金に向き合うことになったのでした。
 
だけど・・・
 
改めて弁護士さんに聞いておきたかったんです。

援助を受けてでも債権者に迷惑かけないように、借金の返済をまず考えなければいけないのか。
 
回答はこうでした。
 
「家族の関係が借金でギクシャクするほうが今後の長い人生でつらいこともあります。
だったら、現状にあわせ、自己破産にしたほうがいいこともありますよ。
ぷうこさん次第です」
 
・・・そうだよね。
 
相談するときって、恋愛相談でも仕事の相談でもそうだけど、自分の中の仮説がある。
 
このときのぷうこの心にも、
社会的制裁を受けてでも、「自分の責任」を取らなくちゃ。
自己破産もやむを得ない。それだけのひどいお金の使い方をしてたんだから・・・

って思いがありました。

そして、弁護士さんの言葉を聞いて、心が決まりました

「・・・今まで本当にいい加減な管理しかしていなくて、使った分のうちどのくらい返せているのかももうわからなくなってました。いざとなったら『困ったときはいいなさい!貸すから』といってくれる親がいるとどこかで甘えていたと思います。でももう、これからは、自分で自分の責任をとって、ちゃんと一人前にやれるようになりたいんです。・・・だから、任意整理が厳しいなら、自己破産で手続き進めてください。よろしくお願いします」
 
・・・胸にこみあげてくるものがあって、言いながら声を詰まらせてしまいましたが。
これだけは弁護士さんにいわなくてはと思いました。覚悟を決めたってことを

これで、債務整理の代理人の受任契約が済み、その整理の方向性が固まったのでした。
  

  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中

 

ポチっと応援1クリックお願いします
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:47 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、弁護士さんと契約
ぷうこです。
 
実はその弁護士さんとの契約のときに、こんな話をしました。
 
「任意整理より、いっそのこと自己破産してしまったほうがいいんでしょうか?」って。
 
自己破産については、ちょっと調べてみると・・・
 
●自己破産とは
 
裁判所を通じて申し立て、免責を受けることで借金の返済を免除してもらえる。
財産があれば債権者への返済に一部あてるため、手放す必要がある。

 
ぷうこは土地・家といったいわゆる資産・財産はもちろんゼロ
じゃぁ返さなくってよくなる分、家計の立て直しがしやすいのでは・・・そんなウマイ話あるの
  
あと気になっていたのが、自己破産したらこんな影響が出る、っていういろんな噂
 
それについては、弁護士会の法律相談センターで渡された用紙にこんな記載がありました。
 
「自己破産について
 
仝誉劼砲郎椶蠅泙擦鵝また選挙権、被選挙権も失いません。
 
破産したことを勤務先に知られることは滅多にありません。
 
自己破産のデメリットは破産者の期間に資格制限があることです。警備員・生命保険募集人・損保代理店・風俗営業管理者・宅地建物取引主任者などが出来なくなります。
 
特別な問題がなければ4~6か月程度で、免責決定が得られ、借金を払う義務がなくなり、で述べて資格制限もなくなります」 
 
一生、破産者であることがつきまとうのかと思っていましたが・・・
 
一時的なものであるようです。
後は、もちろん、クレジットカードは今後もてない・作れない。ローンは組めない
 
ですが、そもそもこんなことになったぷうこはもう二度と借金したくないので、その点はむしろ好都合です
 
就職や家族への影響を心配していましたが、家族にも知られず手続きもできるとのこと
 
さらに弁護士さんはからは、
 
「弁護士に依頼して整理を始めれば、任意整理だろうが自己破産だろうが、
日常生活の影響はほとんど同じです
それを考えれば無理に任意整理でおさめようとするよりも、
自己破産のほうが今後の生活のためにはいいのかもしれません。
・・・特にぷうこさんの場合は」
 
といわれました。
 
正直この「自己破産になるかも」ということが現実味を帯びてきたのは、この瞬間でした
 
そして、やっぱりそれくらいひどい状況だったんだ・・・と思うと同時に、
今、気づけてよかった、これでやり直せる、やるしかないんだ・・・と痛烈に思ったのでした

  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中

 

ポチっと応援1クリックお願いします
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:28 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、弁護士さんと契約
ぷうこです。
 
弁護士さんと契約をし、代理人として債権者との話し合いを進めてもらうことになりました。
 
契約はどのようにしたかというと・・・
 
まずは所持していたクレジットカード・ローンカードを全て弁護士さんに預けました
(一部パスモ一体型やキャッシュカード一体型の他の用途で使用しているものだけ手元に残すことに。)
 
さらに、契約書にサイン
 
契約書は「任意整理用」とありました。
 
聞くと、今回は任意整理でまず話し合いを進め、決裂した場合は自己破産に切り替えるので、まずは任意整理用で契約書を作成し、後日、切り替えが生じた場合は、その時に改めて「自己破産用」の契約書を作成するそう。 
 
着手金は、1社当たり21,000円。
業者数は、7社なので、合計 「147,000円」ということに
 
現在無職のぷうこは、これも分割払いで支払うことになりました
 
持ち株の精算金が入金されたら充当もありという条件で、9月末から平成22年10月末までの14回分割で支払うことに。
 
結局借金にはなるんだなぁ・・・。
 
それでも、600万ものいつ返し終わるともわからないものよりはっきりしているし
 
何より自分の甘えのツケなので
しっかり払えるよう、家計の見直しもしなくっちゃ・・・と気持ちをあらたにしたぷうこでした。
 
 
  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中

 

ポチっと応援1クリックお願いします
web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:53 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、弁護士さんとの相談内容
ぷうこです。
 
弁護士さんの見解は・・・
 
,泙困惑ぐ媽依=和解で話を進める
難しそうな場合は、自己破産に切り替える
 
ということでした。
 
どちらにしても、もう借金を整理するのであれば、これ以降は一切返済はしないように、とのこと。

ぷうこの場合、返済は全て銀行からの引き落とし。
まさに相談に行ったその日も返済してしまったことになります。
翌日もその次の日もぱらぱらと返済予定がありました。

そのことを告げると、
「口座のお金を他の銀行に移して、引き落としできないようにしておいてください。
借金整理するとなったら、変な言い方ですが、ちょっと返したところで意味ないです。
全部返す金額が決まってからするので、今下手に返さないほうがいいです。
自己破産になれば返さなくていい金額になりますしね」

 ・・・とのこと。
 
そ、そっか。そうだよね。
 
そのとき「あ」と思い当たったのが、メインバンクのカードローン。
 
ぷうこはいつも、収入があったら、ネットバンキングでお金を移動するようにしていました。
退職金の100万が入ったので、カードローンの120万に100万突っ込んで・・・とやっていたのです。
 
でもこれって立派な「借金の返済」
 
そして、相談にくる朝、ふと、「もしやお金動かせなくなるのじゃ?」と気付いて、60万またメインバンクに戻したのです。・・・これって立派な「借金」
 
弁護士さんとの面談中、その事実に気づいて愕然としました。
自分の中で、こんなに「借金」が普通のことで、それと意識せずに行ってしまっていたんだ・・・って
 
弁護士さんにそのことを告げると、特に説教するでもなく、

「じゃぁ今のカードローンの借り入れは60万ね。
またそこからお金を借りるのはもう相談にきた以上できないから、
それはもうそのままで」

といわれただけでしたが・・・。
 
改めて借金体質が染み付いてしまっていたことを認識した瞬間でした
 
というわけで、借金総額は、「585万円」 ということに。
これを整理していくことになりました。

引きなおし=減額も見込めない以上、1日も早く正式に弁護士さんと受任契約を結び、整理を始めたほうがいいでしょうとのことでした
 
そして、正式な契約をするために、早速翌日弁護士さんの事務所を訪問する約束を取り付け、その日の面談は終了したのでした。
  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします
 

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:26 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、弁護士さんとの相談内容
ぷうこです。
 
一応債務整理の方法3つを頭にいれつつ、弁護士会の法律相談センターで相談にのってもらいましたわけですが、具体的に何をしたかというと・・・。
 
まずは、事前にWEBに掲載されていた「クレジット・サラ金問題相談カード」と「債権者一覧表」を書いて持って行きました。
 
弁護士さんとの面談は、これを見ながら進められました
 
記入する内容でやはりポイントになるのは、収入・資産状況、そして債務状況(どういうところからいくつ、いくら借りているか?)です。
 
弁護士さんが着眼したのは、
〔疑Δ納入がない
∧嶌僂砲△討蕕譴覿盂曚180万円
K莊遒諒嶌儔椎酋盂曚3万円
ざ睛がグレーゾーンでないか  ・・という点。

特に、い郎戮くみていきました。
証明書類を出したわけではなく、ぷうこの申告を元に話が進められていきましたが、実はぷうこも借りるにあたって今まで一番気にしていた点です
 
というのも、いわゆるサラ金って、コワいじゃないですか
実は・・ぷうこの実家は公務員で安定した収入のあるおうちでしたが、長男である父が弟妹たちの借金の保証人になってしまい、1000万以上の借金を背負ったことがあるのです。
 
そのため、毎日のようにレ○クとか武○士とか、取り立ての電話がひっきりなしにかかってきて子供ながらに怖かったのを覚えています
その時母に「こういうところに借金したらいけないよ」といわれたのが心に残って・・・サラ金だけは手は出すまいと心に誓ったのです。
(じゃぁ借金そのものをしない子になれよ!って話なんですが・・・)
 
そのためぷうこが借りているのは、銀行系のカードローンとクレジットカードのショッピングリボが主。

現在金利は、利息制限法により、法外な設定で貸付ていた利息は、上限金額までに計算しなおして差し引きできるようになっていて利息がいわゆるグレーゾーン金利での借金の場合は、借金が大幅に減額できたり、長年の契約の場合は、払いすぎた分が返ってくることもあるそうなのですが、ぷうこの場合は、すべて法定金利15%内のものばかり。
 
たぶん減額はないな・・と思っていましたが、弁護士さんの見解も同様でした。
 
「引きなおし計算はこの内容だとまずないので、645万のままですね・・・」とうなりながらいわれてしまったのでした。 


  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします
 

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:50 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、具体的な方法とは?
ぷうこです。
 
借金をなんとかしなくっちゃ!と思ったはいいけれどどうしたらいいのか?
弁護士さんに相談に行く前に、ぷうこはまずネットや書籍で調べました。
 
主な方法としては3つの方法があるようです。
 
●主な債務整理は・・・
 
’ぐ媽依 ・・・ 法律家と債権者とで和解交渉の上、分割払いで返済する(3年が標準)。
⊆己破産 ・・・ 裁判所を通じて、借金の返済を免除してもらう。
8朕雄得検 ΑΑΑ〆枷十蠅鯆未犬董⊆擽發慮些曚鬚掘∋蝶曚鯤割払いで返済する。


それぞれの方法にはメリット・デメリットがあり、どの方法をとるかは、借金総額に対する「返済能力」によるそう。
 
現在無職のぷうこの返済にあてられる金額はというと・・・
 
○退職金の残り・・・ 30万円
○株の売却金 ・・・150万円   = 合計 180万円

当初返済にあてられる金額は「300万」と見積もっていたはずなのになぜ?!
 
それはともかく、借金総額 645万円なのに、返済できるのが180万じゃぁ3分の1にもなりません。
ダンナ様におそるおそる「私の借金だけど・・・毎月返済金額にあてられるとしたらいくらかなぁ・・?」と聞いてみたところ「3万円かな・・」とのこと。
 
,稜ぐ媽依にするには残額を分割払いにするのですが、いつまでも、というわけではなく、3年=36回払いが標準。
 
ってことは、(645万−180万)÷36回払い=12万! 
 
毎月12万返済できれば任意整理もありうるってことですね。
・・・そうなると、任意整理もぷうこの場合は厳しいってことです。=自己破産!?
 
その現実も、今回相談にいこうと思いたって行動するまで、認識できていなかったのです。
自分がいかにあいまいに問題をなおざりにしていたかを改めて思い知りました。 
 
この1年借金整理の本を読んだりしていたのに・・・。
 
「実際の自分のことに置き換え、具体的に計算する」ってことをしていなかったばかりに、本を読んでもちっとも意味がなかったのでした

  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします
 

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:42 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、その総額は・・・

ぷうこです。
 
ところで肝心の借金総額がいくらなのか?ということなのですが・・・
 
●2009年8月末時点の借金総額
 
銀行系カードローン  ΑΑΑ120万円 (手数料10%)
銀行系カードローン◆ ΑΑΑ 50万円 (手数料6.7%)
 
消費者金融       ・・・ 180万円 (手数料15%)
 
クレジットカード    ΑΑΑ 47万円 (手数料15%)
クレジットカード◆   ΑΑΑ 87万円 (手数料15%)
クレジットカード   ・・・ 103万円 (手数料15%)
クレジットカードぁ   ΑΑΑ 48万円 (手数料15%)
 
信販系ローン      ・・・ 10万円 (分割払い)
 
--------------------------------------------------------------
合計               645万円 
 
 
我ながら、いつの間にこんなに膨らんでいたのかと・・驚愕です
 
しかも、こんなに増えてしまったのはここ3年くらいのこと。
返済用のお金をまた別の借り入れでまかなうまわし返済もしていたし、完全に管理しきれてないし何が何だかわからない状態になってしまっていました
 
毎月の返済額は15万〜20万。月々の手取りは25万ほどありましたが、ぷうこの出資分担分である家賃以外の生活費も払えているのかすらわからなくなっていました。
 
とにかく、引き落としの日にお金を入れておけば・・・そんな浅はかで安易な考えがここまで借入金を大きくしてしまったと思います。
 
だって「どうしようどうしよう」と思うばかりで、対策はおろか、現状把握すらできてなかったのですから、当たり前ですよね。

でも、今までは安定した収入(手取りで年380万くらい)があったけどもうそれもない。
後で知りましたが普通、「借金総額は手取り収入の1/3以内でないとキビしい」といわれているようです。
 
ところが自分の中では、「退職金と持ち株の売却金の合計300万(見込み)まではイケる!」となぜか勝手なボーダーラインを決めていました。といっても結果、そのボーダーもとっくに超えていることに気づかないまま膨らますだけ膨らましてしまったのですけどね
 
無職になって、初めてとんでもない事態になっていることに危機感を感じ、弁護士さんに相談しよう・・と重い腰をあげた訳なのでした


  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします
 

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:10 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、まずは無料相談へ

ぷうこです。
 
その後どうなったかというと・・・
 
約束の時間から10分たった頃男性が一人やってきて「・・○○を間違えちゃって・・」と。もしや?と思ったらこの方が私の相談を聞いてくださる弁護士先生でした。
 
私より年上・・・でも髪はボサボサ、シャツの袖はボタンもかけずちょっとヨレヨレ・・・
 
でも変にカタイ弁護士さんや熱血先生より、こっちのほうがイイかも。
 
冷静に、っていうほど冷静でもなく(時々説明したこと間違って繰り返してた・・・
淡々と、っていうほど淡々でもなく(指摘したらちょっとありゃ?って顔してた・・・)
熱心に、っていうほど熱心でもなく(そうはいっても、一応ダメージが少ない方法で検討してくれた・・・
一生懸命に、っていうほど一生懸命でもなく(無駄に熱くもなく要点押さえて分析してくれた・・・
 
・・・ちょうどイイ温度かも。
 
ぷうこはとってもまじめな割におおざっぱで抜けているので、こんな借金いっぱい作ってなんだと思ってんだ!と偉く説教されて涙するに違いない!と面談が始まる前は、めったにかかない手汗なんかかいちゃって、チョー緊張していたのですが、この先生の様子をみて、逆に冷静に真摯に対処しようと思えたのでした(不思議・・・)。
 
どこかで怒ってくれることを期待していたのでしょうか
でも、アラフォー既婚女性にそんなに熱く説教する人なんてそうそういないのが現実
だからこそ、甘えてないで・・・自分でちゃんと自分を律していかなくっちゃいけないんだよね
 
・・・と、まるでTVドラマのダメ弁護士のような弁護士さんを見て、決意新たに相談を終えたぷうこなのでした。(まだまだ続く)
 


  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします
 

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:01 | category: ┣債務整理の経過 |
# 借金整理、まずは無料相談へ
ぷうこです。
今日は朝から都心へお出かけしてきました
 
重い腰をあげてやっと弁護士さんに会いにいってきたんです
 
いわゆる無料相談なのですが、実は探し始めたのは1年前。
  
いっぱいありすぎてどこにいったらいいかわからず、そのくせだまされないようにちゃんと調べなくっちゃ・・・なんてやってたんですが、いよいよ借金の額もハンパなくなってきたので、もう行くしかない・・と腹をくくって、昨日やっと東京都の弁護士会がやっているクレ・サラ相談に電話したのです。
 
もともと準備の要領がよくなくて、宿題もいつもギリギリ、待ち合わせは大体遅刻寸前(イヤほぼ既に遅刻・・・)のぷうこ。
 
今日も案の定、大事な借金の総額を書き出す作業が間に合わず、朝がたいそいそとやるはめになり、予定の電車に乗り遅れ、初めての場所なのに最寄駅についたのは、約束の5分前・・・。
 
やばい!最初っからこんなんじゃ、「だから借金で首回らなくなるんだ!」って弁護士の先生に怒られちゃう〜
 
と冷や汗かきながらやっと到着(ほぼ走ったことによる汗だったり)。
 
受付を済ませ、ジャストの時間。ま、間に合った〜!と一息ついたはいいけどなかなか呼ばれず。
 
はて?と思っていたら、当の弁護士先生がまだ到着していないとのこと
 
そんなこと、あるんですね・・・。(続く)

  
人気ブログランキングへ人気ブログランキング参加中
ポチっと応援1クリックお願いします

web拍手
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:38 | category: ┣債務整理の経過 |
ご訪問ありがとうございます
Profile
約600万の借金を自己破産で債務整理することに。2009年7月うつ状態に陥り無職に。失業手当をもらいながらまずは生活の建て直しから再出発。2009年12月自己破産申立。2010年3月免責決定、そして職業訓練校で勉強開始。日々お金の管理の仕方を勉強中です。
Comments
Trackback
ブログランキング参加中!



Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links